menu

(一社)古河青年会議所WEBサイト



お祭り、イベント実績

古河青年会議所は40年の歴史ある”古河のまちづくり団体”です

古河市内にて古河市民の皆様に必要とされるイベントやお祭りを開催しています。古河市に住む20~40歳の男女が、仕事や家庭の間で時間を作り、古河市を盛り上げるためにお祭りイベントなどを計画、実行し、活動しています。

ハナモモを植えよう 古河公方公園にて

古河市内の小学生を対象とした自然体験イベントを開催しました。子供たちだけで協力してハナモモを植樹していただきました。

古河キャンドルナイト2016 古河駅西口にて

東日本大震災から5年、防災イベントを開催し、4000人を超える来場者を記録しました。幼稚園、小学生たちの防災や大切な人に向けたメッセージキャンドル2000本が夜の古河駅を彩りました。

愛LOVE古河フェスタ 古河駅西口にて

子どもから大人まで楽しめる、古河青年会議所オリジナルのお祭りイベントを毎年開催しています。豪華ゲストのステージイベントや古河グルメ、ゲーム大会を行い、古河市の皆様に楽しんでいただこうと毎年試行錯誤で新しい試みを繰り返しています。

キャリティーイルミネーション 古河駅西口の蔵にて

古河青年会議所40周年を記念して、古河駅西口の蔵を華やかなイルミネーションで幻想的な空間を作り、多くの来場者の方に楽しんでいただきました。併設したチャリティーマーケットの収益は全額寄付しました。

古河はなももマラソン前日祭 古河市中央運動公園にて

古河青年会議所が企画した谷中湖マラソンから、今の古河はなももマラソンに発展しました。前日祭として、関東のゆるキャラを集めてイベントを盛り上げました。

ハッピーハロウィン 道の駅まくらがの里こがにて

ハロウィンイベントを開催し、仮装コンテストや大食い大会、手作りキャンドル教室、巨大ふわふわ遊具、バンドグループ演奏などで盛り上がりました。チラシ

子供向けお泊り合宿 ネーブルパークにて

小学生対象のお泊り合宿は古河青年会議所の人気イベントのひとつです。BBQ、肝試し、大自然レクレーション、座禅、カレー作り、工作教室、花火など、初めて会う友だち同士で協力して行うため、子どもたちの成長の場になります。

災害時のボランティア活動 被災地にて

東日本大震災、熊本地震などの災害復興支援のため、被災地のボランティア活動、募金活動、物資支援を行っています。

古河市合同企業説明会 スペースUにて

多くの若い世代の古河市内での就労を促すため、市内の企業を集め、新卒から中途採用向けの合同企業説明会を開催しています。

WEBサイト古河市合同企業説明会

古河花火大会音楽フェス 花火大会会場横にて

古河花火大会の会場にて、音楽フェスを開催、misono氏など豪華ゲストの歌やダンスで古河市民の皆様に楽しんでいただきました。

愛LOVE古河フェスタ 古河庁舎にて

クリスマスイベントとして、浅野恭司氏をゲストに子供向けイベントを開催しました。

ちびっこオセロ大会 とねミドリ館にて

古河青年会議所の人気イベントのひとつであるオセロ大会は、毎年多くの子どもたちが参加し、オセロ競技後にはみんなで楽しいレクレーションを行います。

清掃活動 上大野交差点、道の駅まくらがの里こがにて

毎月1回、朝7:30から新4号線添いのごみの散乱が激しい箇所の清掃活動を行っています。国土交通省から表彰状をいただいています。

古河はなももマラソン協力 古河はなもも体育館にて

サンスポさん主催の古河はなももマラソンの協力団体として、企画、運営、誘導まで協力しています。

古河ドミノ倒し 上辺見小学校にて

小学生から大人を対象に、10万個のドミノを体育館に並べて、古河市のキャラクターやタワーを作りました。

古河はなももマラソン前夜祭 古河駅西口にて

古河はなももマラソンの前日夕方から古河駅西口にて、司会にお笑い芸人を呼び、吹奏楽部演奏、ダンス、古河グルメなどのステージイベントを開催しました。

詳細サイト古河はなももマラソン前夜祭2019

道の駅イルミネーション 道の駅まくらがの里こがにて

道の駅まくらがの里こがにて、巨大なイルミネーションツリーを作成、夜の道の駅を彩りました。

逃走中 ふるさとの森にて

テレビで有名、子供たちの大好きな逃走中をメインに、BBQ、キャンプファイヤー、お泊り合宿を行いました。 チラシ

びしょぬれかくご! ネーブルパークにて

本格流しそうめん、鮎のつかみ取り、カラースプラッシュで、子供も大人もびしょ濡れになり遊びました。 チラシ

古河公方行列 古河駅周辺にて

昔、古河にて開催されていた「公方行列」も古河青年会議所の先輩方が運営協力していました。

「公方行列写真」昭和57年、昭和63年はコチラ

2019年度 活動紹介ムービー

古河青年会議所が開催した例会(勉強会)、事業(お祭りイベント)や、参加したイベントをご紹介します。

Youtubeで見る:https://youtu.be/hOgObP1jHGo

【活動実績】

  • 古河はなももマラソン(谷中湖マラソン) 2010年~
  • 古河花火大会音楽フェス(出演 misono様 サウンドギャラクシーフェスティバル)2018年~
  • 古河市企業説明会 2015年~
  • 古河はなももマラソン前夜祭(出演 浜ロン様、かんちゃま様) 2019年
  • 古河はなももマラソン前日祭 2017年
  • クリスマス事業(ゲスト進撃の巨人総作画監督 浅野恭司様) 2015年
  • 古河キャンドルナイト 2016年
  • 古河市民向け楽しい研修事業(講師 鴨頭嘉人様) 2017年
  • 愛LOVE古河フェスタ(出演 クワバタオハラ様) 2010年~
  • ちびっこオセロ大会 2010年~
  • 古河駅西口イルミネーション事業 2019年
  • ハッピーハロウィンイベント道の駅古河 2014年
  • 国道清掃活動 2000年~
  • ちびっこお泊り合宿 2015年~
  • その他

古河市に必要なイベント、活動を行っています

古河青年会議所は古河市の明るい豊かな未来のため、お祭りイベントから合同企業説明会、清掃活動、市内行事への協力を行っています。
また、メンバー向けの勉強の場として、月1回の例会(勉強会)を開催し、夜の空いた時間を使い委員会として集まり、話し合いの場を作っています。

【例会】月1回、ユーセンター総和の会議室にて夜19:30から例会(勉強会)を行っています。

【委員会】月1回程度、古河青年会議所の会議室にて夜20:00から会議などを行っています。

楽しいレクレーションも盛りだくさん!

年3回ほど古河の地を離れて勉強会に参加します。京都、横浜、その他全国の観光地で開催される勉強会にメンバーで一緒に楽しく参加しています。

京都会議 京都市にて

毎年1月に開催される京都での勉強会にメンバー30人ほどで参加しています。フォーラム(勉強)後には、京都の街並みを観光するなどしています。

卒業式 ザ・カナルハウスにて

古河青年会議所は40歳で卒業となります。その門出を祝うために、毎年12月にメンバー全員で1年の運動を振り返り、また卒業生から激励の言葉をいただき、楽しい思い出を共有し、卒業とします。

【メンバー募集中】若い力が古河の発展に必要です!

一緒に古河を盛り上げませんか?古河青年会議所はメンバーを募集中です。社会人になってから生涯付き合える仲間を見つけられるのも魅力です。

【古河青年会議所について】

  • 会員総数 約60名
  • 男女比(約) 5:1
  • 会員職種 サラリーマン、飲食店、自営業、サービス業、大学生
  • 参加頻度:正会員 月2~4回 例会、委員会、事業(お祭りイベント等)
  • 参加頻度:賛助会員 月1~3回 例会、事業(お祭りイベント等)

【入会について】

  • 対象者 古河市に在住、または職場のある20歳以上40歳未満の男女
  • 入会枠 正会員、または賛助会員

【入会に必要なもの】

  • スーツ(なければフォーマルな服装)
  • パソコン(企画書、資料を見るため)
  • 年会費(正会員9万円、賛助会員1万円)

※賛助会員は名刺やバッジなどの物品の支給、役員議決権を有しません。
※お預かりした年会費の使用用途は、古河青年会議所の活動資金のみに限定し、財政局長が厳重に管理運営しています。
※個人にかかわる懇親会費、交通費、食事代、雑費などはすべて自己負担となります。

【参加するメリット】

  • 年齢、職種、地域を超えて、一生付き合える仲間、友達が作れる
  • 子供たちの笑顔がたくさん見れる
  • 古河市のまちづくりの現状、課題がわかる
  • 企画書、書類作成が得意になる
  • 自己研鑽の場が豊富にあり、勉強になる
  • お祭り、勉強会で頑張った後に楽しい懇親会がある

入会をご検討の方へ

古河青年会議所メンバーから入会を検討中、ご興味を持たれている、またはお悩みの方へメッセージです。

JC運動拡大委員会委員長 荒川竜太

(工事中)あいさつ文、メッセージが入ります。

第40代理事長 小林祐樹

(工事中)あいさつ文、メッセージが入ります。

第41代理事長 千野広武

(工事中)あいさつ文、メッセージが入ります。

第42代理事長予定者 大島 直

「人と人が出会うことですべてがはじまる」

今までの人生の中でどれだけの出会いがあったでしょうか。学校や仕事、趣味の場での出会いなど、さまざまな出会いが人生という真っ白なキャンパスに鮮やかな色彩や光沢として刻まれていきます。

古河青年会議所がこれから創る作品はこの古河のまちであり、私たち自身です。同じ志を持ち、互いに助け合い高め合える仲間と共にこのまちを変革させましょう。まだ見ぬ仲間との友情のネットワークを広げることが、私たちの一生の財産になるはずです。

40周年実行委員会委員長 蜂須優人

(工事中)あいさつ文、メッセージが入ります。

JC運動拡大委員会 田續裕也

(工事中)あいさつ文、メッセージが入ります。

総務委員会 財政局長兼副委員長 関根美幸

(工事中)あいさつ文、メッセージが入ります。

まちづくり委員会委員長 安井竜太

「子供たちや親御さんの笑顔を見るために僕は古河青年会議所に所属しています」

知らない人に誘われ、知らない人ばかりの古河青年会議所へ24歳のときに入会し、8年目です。僕自身が人見知りで内向的だったのですが、先輩メンバーが優しく厳しく教えてくれます。また人前に立ち話をする機会が多く、市役所や企業さんにお祭りイベントの提案をすることで貴重な学びと経験が得られました。

とにかくメンバー同士で濃い時間を過ごし、古河市の未来について熱く語れ、それを実行できるのは古河青年会議所です。

よくある質問と答え

Q:仕事が忙しいのですが、続けることはできるでしょうか?

私たち青年会議所の会員もみな仕事で忙しい中で活動をしていますが、その中で時間の有効な使い方を身につけています。 むしろ、時間の使い方を学んでいただくためにお勧めしているのです。

Q:費用はどれくらいかかりますか?

正会員は9万円、賛助会員は1万円の年会費です。
しかし青年会議所に入会すれば、各種セミナーへ参加でき、地域を越えた仲間が沢山でき、まちづくりやボランティア活動のノウハウや知識を身につけ、将来の可能性やネットワークを広げることができます。一般の研修や講習会の費用と比較してみるとお手頃で、正会員で月換算7,500円です。ぜひ、自分への投資として前向きにご検討ください!

Q:子育て中の主婦、仕事で忙しい女性、学生でも参加できますか?

青年会議所の理念でもある「明るい豊かな社会」の実現は、男性だけでできるものではありません。ぜひ、古河のためにあなたの感性を活かしてください。
全国でも数多くの女性メンバー、学生メンバーが活躍しています。

Q:月何回くらいの集まりですか?

可能な限り参加が必要なのは、下記のイベントです。
・月1回 例会(勉強会。毎月21日ごろ市内にて19:30~21:30)
・月1~2回 委員会(例会、イベントの会議。市内にて20:00頃~)

また、任意参加は下記のイベントです。
・月1回 清掃活動(市内にて日曜19:30~20:00)
・年3回程 お祭りなどのイベント(市内にて)
・年3回程 古河市を離れた勉強会(京都1月、横浜8月など)
・年2回 通常総会(役員人事、予算などの会議。市内にて19:30頃~)

細かいイベントを含むと、月5~10回のイベントがありますので、仕事や家庭の時間を調整してお好きなイベントに参加できます。

Q:懇親会、飲み会は多いのですか?

昔の古河青年会議所と比べて、懇親会など夜の集まりは少なくなっています。お酒を飲むのが苦手、夜の集まりが苦手な方でもストレスなくご参加いただけます。
また、
・仕事が早朝のメンバーがいれば、委員会(通常20:00~)を夕方から開催する
・参加できない場合はメールなどで資料を配布する
・夜の仕事のメンバーがいれば昼食の時間を活用し会議をする
など、時代に合わせてできるだけ多くの業種のメンバーが参加できるような環境づくりへ改善しています。

Q:参加しないと怒られるなど、厳しいメンバーはいますか?

古河青年会議所は5つの委員会(チーム)の分かれて会議をしています。そのトップである5人の委員長たちは、メンバーがどうやれば「楽しく参加でき、古河青年会議所が好きになり、活躍できるか」をいつも念頭に考えて試行錯誤しています。
ときに、古株の先輩から愛情として叱られることもあるかもしれませんが、それは先輩があなたを次の世代のリーダーとして期待し、認めているという表現です。

青年会議所は「大人の部活動」とも言われています。古河のため、お祭りイベント企画のため、大の大人同士が本気で意見をぶつけ合い、熱くなれるのも古河青年会議所だけです。ぜひ「例会、委員会、お祭りイベント」へ見学にいらっしゃってください!

ページ上部へ戻る