menu

古河青年会議所ホームページ



入会案内

「入会説明」 「活動見学」 メールフォーム

明るく豊かな古河市の実現に向けて、共に支えあい、学びあい、活動できる仲間を通年で募集しております。 古河青年会議所正会員の入会条件は以下の通りです。

・古河市在住、または古河市内に勤務されている方
・20歳~40歳(男女問いません)

入会ご希望、ご興味をお持ちの方、または説明だけでも聞いてみたい、見学として活動に参加してみたい方はお気軽に下記までご連絡ください。 皆様のご入会をメンバー一同、心よりお待ちしております。

青年会議所とは

1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による 東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、 日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。
共に向上し仕合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生。
1951年には全国に青年会議所があり、 三つの信条、

1.個人の修練
2.社会への奉仕
3.世界との友情

のもと、 よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。
さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、 世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。

青年会議所の特性

青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意思によって入会できますが、 20歳から40歳までという年齢制限を設けています。
これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し 社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。

会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。 この年齢制限は、青年会議所最大の特色であり、常に組織を若々しく保ち、 果敢な行動力の源泉となっています。各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。 会員は、1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、 自己修練の成果を個々の活動にフィールドバックさせていけます。

青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、 OBも含め各界で社会に貢献しています。
たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとしても活躍中です。

入会について Q&A

Q.仕事が忙しいのですが、続けることはできるでしょうか?
A.私たち青年会議所の会員もみんな仕事で忙しい中、JC活動をしていますが、その中で時間の有効な使い方を身につけています。 むしろ、時間の使い方を学んでいただくためにお勧めしているのです。

Q.JC活動を続けていくと、費用はかかりますか?
A.確かにある程度の費用はかかります。しかしJC(青年会議所)に入会すれば、各種セミナーへ参加したり、地域を越えた仲間が沢山できます。経営者としてのノウハウや指導力を身につけ、ネットワークを広げられることを思えば、むしろ、安いくらいです。
一般の研修や講習会の費用と比較してみてください。ぜひ、自分の先行投資と前向きに考えてみてはどうでしょうか?

Q.JC活動は女性でもできるのですか?
A.JCの理念でもある「明るい豊かな社会」の実現は、男性だけでできるものではありません。ぜひ、あなたの感性を活かして下さい。全国でも数多くの女性会員が活躍しています。

Q.JC出身者にはどのような人がいますか?
A.チャールズ・リンドバーグ、リチャード・ニクソン、コフィー・アナン、ジャック・シラク、ヒル・クリントン、ビル・ゲイツ、麻生太郎、小渕恵三、菅直人、小泉純一郎、中曽根康弘、鳩山邦夫、鳩山由紀夫、森喜朗、市川團蔵、犬丸一郎、牛尾治朗、黒川光朝、坂田藤十郎、塩川正十郎、千玄室、鳥井信一郎、服部禮次郎、森稔。
このように、国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとしても活躍中です。

ページ上部へ戻る